TOPへ | 学校案内 | 本科コース紹介 | 資格取得 | 就職支援 | 学生生活 | 学習センター


未来の夢をグラフィクスで表現するCGクリエイターを養成するコースです。
あらゆる分野に広がりつつあるコンピュータグラフィクス・・・
その中で感性を生かしたアイデアを創出できる人材が求められています。
感性を磨きながら、さまざまなアプリケーションソフトを使いこなし、
CG・DTP・Webのオペレータやクリエイターを目指します。



佐賀県立美術館において、毎年、情報デザインコースの学生による「CG作品展」を開催しています。
1年間の学習の成果を展示。立体的な作品や各展示会での受賞作品を展示しています。県内でも珍しいCGの専門コースの作品展とあって、多くの方々にご来場いただいてます。

近年コンピュータグラフィクス(CG)は、デザインはもとより、アニメーション・ファインアート・シミュレーション・キャラクタ・画像処理など多方面で飛躍的に進歩しています。また、各種データのグラフ表現から始まり、実際には存在しないものまでも映像化するなどCGはあらゆる分野で多彩な展開を見せはじめています。今後ますますその重要性は増大していくものとなるでしょう。まさに感性を尊重した情報伝達の技術だと言えます。

本コースでは、コンピュータの学習(Mac・Windows)をベースとして、デザインの基礎知識からCG実技、作品に対するストーリー性の構築までをマスターし、関連企業が要求する即戦力的な人材を育成します。CGプロダクションや、印刷・広告・建築・インテリア・テレビCMなど幅広い分野で活躍することが期待できます。CGスペシャリストを目指しましょう。